FC2ブログ

きく蔵

土曜日、松本市『きく蔵』にて晩御飯。

山を越えてちょっとドライブがてらやって来ました。

松本城

ライトアップされても美しい城。

松本駅

松本城周辺を流して松本駅へ車を停めて辺りをぶらぶら。

信州物は良く食べているので北陸物狙い。

通りがかったお店でのどぐろの文字を発見し突入。

やっちゃん
0263-35-9088
長野県松本市中央1-5-4
https://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20008816/

カウンターのみのディープな感じのお店でしたがどれだけ待てば良いか読めないとの事で断念。

続いて、突撃したのはこちら。

寝ずの甚八

ご本人に許可は取られているのでしょうか?
こちらのお店も同様にダメと言われたので松本城方面へ移動。

寝ずの甚八
050-5590-6396
長野県松本市中央1-8-10 カレントビル 2F
https://tabelog.com/nagano/A2002/A200201/20019694/

今度は電話して席を確保した上で来店。

外観

ピンボケですがなわて通りを抜けて松本城へと歩いて行く途中の路地にぽっと現れます。この時間帯だとやっている店も数軒のみ。

看板

のどぐろはあるかな?

店内

何と雰囲気のあるお店でしょう。
100名居酒屋で有名な太田和彦さんも来店してました。

料理メニュー

ありますね。北陸の幸達。

飲み物メニュー

信州の地酒もありますね。

では、北陸の幸頂きましょう。

生ビールとお通し

お通しは魚の揚げ物、おからサラダ、山牛蒡。
これだけで日本酒行けますね。

冷酒

佐久の花 純米吟醸
色合い 淡いコハク
香り 芳醇な香り
味わい フルーティーで飲み易い。

信州の名酒でスタート。

あん肝

鮮度が良くて臭みも全くなし。
このポン酢が美味しい。

のどぐろ塩焼き

続いて真打ち登場。
脂のノリは程よくで 魚の旨味がギュっと凝縮。
これは美味い。一匹2500円の価値ありですね。

こうばこガニ

雌のズワイガニ。
外子も味噌も身も付いていて濃厚な味わいが特徴。これも美味い。1200円。

ソフトシェルクラブ

脱皮直後の蟹の為、殻ごと食べられるのです。
種類的にはワタリガニですが殻の硬いあのワタリガニとは全くの別物です。柔らかくてサクサクいけます。美味い。900円。

日本酒

大信州 辛口 特別純米
色合い 透明
香り すっとしてる
味わい どっしり辛口、後を引く辛さ

大信で〆。ここは名店ですね!!

食事後の散策





紅葉とクリスマスのコラボですね。

六文銭

土曜日、上田市『六文銭』にてお昼ご飯。

外観

和洋折衷良い感じの外観のお店です。
上田には何故だかとんかつの美味しいお店が多いのですがここもそのうちの一つ。

入口

入口の紅葉がキレイでした。
そして、春夏冬中と書いて商い中。
なるほど秋が無いからとはユーモアのセンスもありますね。

店内はテーブル、小上がり、カウンター席とありましたが、カウンター席へ。

メニュー


基本は揚げ物屋さんですがどんなメニューがあるのだろうと興味津々でしたが予想通り謎なメニューが幾つか。

で、選んだのは六文銭カツとスタッフードカツ。

お茶とお漬物

メインが出て来るまでポリポリ漬物食べて待ちます。これも自家製でしょうか。美味い。

寡黙なお父さんが黙々と準備をする中、ご飯と味噌汁が運ばれて来ました。

ご飯と味噌汁

この味噌汁美味しかった。信州の地味噌と思われますがあの桃太郎味噌なのでしょうか?
味わいのある味噌汁でした。

さて、そうこうしてるうちにメインが運ばれて来ました。

六文銭カツ

ジャン。メインもボリューミーでキャベツの盛りも良し。

断面図

ひき肉の味噌包み揚げとメニューで紹介されてましたが持つと崩れそうなくらい柔らか。独特な味噌味でこの味とこの食感の組み合わせはかつて味わった事がない感覚です。なかなかのアイデア商品ですね。

調味料

味噌とかドレッシングとか置いてあります。

味噌投入

味噌や辛子で味変出来ます。
ただでさえ面白いカツなのですが味を変えられる事でボリューミーなカツもどんどん食べられます。

そして、

最後のふた切れ

一つ食べてしまってから気付いたのですが向かって左側の最後のふた切れは普通のとんかつでした。演出でしょうか?そうだとしたらこれは楽しいですね。

スタッフードカツ

そして、カニクリームの包み揚げのスタッフードカツに海老フライトッピング。

これまた中身がじゅるりなベシャメルな包み揚げで面白かったです。

海老フライもプリプリでした。

食後のレモンティー

何故か食後はレモンティー。しかもコップ。
これがまた憎い演出です。

店内ではジャスのBGMが流れていて居心地の良いお店でした。



最後まで分からなかったのがこのお皿。

阪神タイガースと縁が深いのでしょうか?

神坂パーキングエリア(上り線)フードコート

木曜日、中津川市『神坂パーキングエリア(上り線)フードコート』にて朝ご飯。

外観

こちらは小さなパーキングエリアながら蕎麦や五平餅など地の物が食べられて割と重宝するパーキングエリアなんです。

島崎藤村の夜明け前の舞台にもなった馬籠や湯舟の里として有名なこの地域。

看板

地元の漬物も販売してます。

開店間際でしたがお客さん結構居ました。
折角なので蕎麦をと思いミニ蕎麦(温)を注文。

お茶


お茶を飲んで待ちます。この文言が良いですね。

ミニ蕎麦(温)

野沢菜が付くのが嬉しいですね。

ミニ蕎麦アップ

具はシンプルに蒲鉾とネギのみ。

リフトアップ

蕎麦はもっちり。汁はあっさり。

野沢菜

これで野沢菜まで付いて310円。

お土産売り場

岩魚の甘露煮が売りのようでした。
フードコートにもあったので次回食べてみようかな。

余談ですがここの五平餅はお団子型をしていてクルミ味でかなり好みの味です。
プロフィール

ポケさん

Author:ポケさん
食べ歩き、飲み歩き、ツーリングが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR