FC2ブログ

Chimney

水曜日、香美市『Chimney』にてパン購入。

外観

可愛いらしいお店です。

細道を南北に走っているとこんなところにパン屋さんがって感じで突然現れます。

店内


こじんまりとしたお店ながらパンの種類は充実。

アンパンマン

高知と言えばコレですね。アンパンマンの生みの親やなせさんの故郷ですからね。

カレーパン

噂のカレーパンは2種類。ハバネロ入りの激辛なカレーパンと野菜ゴロゴロカレーパン。

どちらも魅力的でしたがカレーパンって事で辛い方を選択。

カレーパンとお惣菜パン

お会計済ませて早速食べてみましょう。

お店の外にて

ズン

ズズン

ズズズズズン

お店の方に伺った通り激辛でした。
しかし、旨味が凄くてとっても美味しいカレーパンでした。

お水

予め購入しておいたお水が役に立ちました。
と、言いますかこれが無かったら死んでました。

もう一つのお惣菜パンは旨味がギュっと凝縮されてとても美味しかったです。
最近食べたお惣菜パンの中でNo.1間違いなし。

店内にもイートインスペースがありますのでそちらでも食べられますよ。

駐車場が小さいのが玉にキズですがオススメのパン屋さんなので皆さんも是非!!

チムニィ
0887-52-2628
高知県香美市土佐山田町神通寺346-2
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390105/39003906/

D.A

火曜日、高知市『D.A』にて三次会。

景色

ビルの6階にあります。

入口

さて、潜入。

店内

素敵なマスターのいるお店です。
高知のバー業界の重鎮的な存在。

ギムレット

マーロウとレノックスの世界ですね。

小夏

高知に旅行に行っている間に文旦食べたかったのですが小夏でした。残念でしたけど美味しかったです。

モッキンバード

久々にミントの爽快感が味わいたくて。

そして、このお店のカウンターで一緒に座っていたお客さん。何と私が宿泊するホテルで私のバイクの目の前にバイクを停めていた野田ナンバーの刀乗りの方でした。

このお店滅多にメディアに出ない為、一見さんが来ることはないらしく、マスターが不思議に思って聞いてみてところ、私のさるグルメレビューを見て来店された事が判明。

そこからバイク談義に花が咲きました。
香川ご出身で今は野田に住んでいるとの事。

ゴールデンウィークは空いていて走り易い四国にツーリングに来る事が多いとの事です。

四万十川の源流点を見に行って来たそう。通行止めと書いてあるけど普通に走って行けたみたいです。

高知の夜は色々な出会いがありますね。

ニコラシカ

高知流ニコラシカ。ウォッカがベース。
これで〆てホテルへ。

刀乗りの方と話しながら帰りました。
楽しかったです。

ろばた焼 仙樹

火曜日、高知市『ろばた焼 仙樹』にて晩酌。

外観
仙樹024
地元ではろばた焼きで有名なお店です。

店内
仙樹002
仙樹003
ろばた焼きのこう言う雰囲気良いですね~。

メニュー
仙樹004
高知な品多数。

生ビール
仙樹006
お通しはカツオっぽいのです。
取り敢えずお疲れの一杯。

カツオの塩タタキ
仙樹007
良いですね。この盛り。

食べ方
仙樹009
やってみましょう。

カツオ
仙樹008
先ずは生で。

では、次
仙樹010
仙樹011
仙樹012
仙樹014
薬味たっぷり。

柚子ハイ
仙樹013
やっぱり高知に来たらコレ飲まないと。

土佐赤牛の牛タン
仙樹017
まるでステーキのような厚み。
昼間見た赤牛ですね。

アップ
仙樹019
仙樹020
仙樹023
タンと思えないジューシーさ。

イタドリ
仙樹005
高知のアテと言えばコレも外せないですね。

柚子ハイ
仙樹022
高知の酒場ではコレを頼んでしまいます。

高いレベルの土佐料理を楽しめる良い店です。
ひろめは激混みなので少し足を伸ばす余裕があればこちらのお店オススメですよ。

さて、もう一軒。

ろばた焼 仙樹
088-823-7769
高知県高知市大川筋1-3-47
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39000211/

孫悟空

火曜日、高知市『孫悟空』にて晩御飯。

道の駅『ゆすはら』を出てから今回どうしても訪れておきたかったこちらのお店へ向かいました。

担々麺

コーンたっぷり。

スープ

ピリ辛で濃厚クリーミー。
胡麻も効いている。辣油も効いている。



極細麺。ツルツルした喉越しで食べ易い。

メンチ肉

たっぷり。ナッツも効いている。

実にバランス良いラーメン。
これはかなりのヒットですね。

これから高知にツーリングに来たら通い詰めようかな~

孫悟空
088-843-8815
高知県高知市鴨部2-3-22
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39000631/

和楽路屋

さて、〆のお店です。

六軒目は『和楽路屋』さん。

外観
夜の高知038
夜になると大丸前に登場する謎の屋台です。

お店
夜の高知039
うどんと大きく書かれていますがこのお店そばとうどんしかないんです。
ラーメンはないんです。

店内
夜の高知040
カウンター席です。外にちょっとしたテーブル席があったかな。

メニュー
夜の高知041
親っさんと被ってしまいましたがうどんとそばが確認出来ますね。

天ぷらうどん
夜の高知042
天ぷらは海老と大葉。
シンプル・イズ・サ・ベスト。

天ぷらうどん(赤)
夜の高知043
赤くして頂きます。

うどんアップ
夜の高知044
こちらのうどんはかなりグダグダに煮込んであって飲んだ後のお腹に優しい感じです。
これが人気に秘密。知る人ぞ知る〆のうどんなんです。
ご馳走様でした。

和楽路屋 わらじや
高知県高知市帯屋町1-5
https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39004904/
プロフィール

ポケさん

Author:ポケさん
食べ歩き、飲み歩き、ツーリングが趣味です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
つぶやき
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR